ポケモナーに人気のポケモンランキング~ホウエン編~

ポケモナーが好きなポケモンランキング!第3回は、ホウエン地方です!

うさぎちゃん

おおかみくん

ランキングの概要と注意点は以下の通りだよ!

二番煎じ企画です。差別化を図る為、上位20位までのポケモンに、ポケモナー目線のコメントを付けています。

某イラスト投稿サイトの成人向けイラストの枚数を集計して、ランキング付けしています。

イラスト投稿サイト自体にも興廃があるので、よりフェアな順位付けになるよう、地方ごとに分けてランキング付けしています。

この記事は、ポケモンに対し、LikeではなくLoveの感情を持つ人を読者と想定して書いています。該当しない方は閲覧をおすすめしません。

おおかみくん

そもそも、ポケモナーって何?って人は以下の記事を見てみてね!
では、さっそく一位から発表していきます!

うさぎちゃん

ポケモナーに人気のポケモンランキング!1~10位!

1位:サーナイト 1764pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

ポケモナー界の女王とも言うべきポケモンです。

その美しいビジュアルに加え、サーナイト自体が献身的な性質を持つポケモンであることなどから、ポケモナー達のハートを鷲掴みにしました。

ケモナー寄りのポケモナーの方の好みからは外れるかもしれませんが、人外娘フェチにぶっ刺さることや、他のポケモンはダメでも、サーナイトならイケるという人も多いことから、ポケモナーの入門的なポケモンでもあります。

サーナイト→他の二足歩行ポケモン→四足歩行ポケモンという形で段階的に落ちていくポケモナーも多いです。

サーナイトは明らかに女性的な見た目をしていますが、♂も存在するポケモンです。男の娘的な不思議な魅力満載なので、エルレイドではなく、あえてサーナイトの♂を好む人もいます。

2位:ザングース 722pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

ポケモナー界筆頭格のポケモンであり、デブケモの王。

目付きが鋭くて、残酷そうな見た目と、ふっくらしたお腹のギャップに落ちた人も多いはず。

ただ個人的にはルビサファ時のがっしりした体型が好きだったので、世代を重ねるごとにどんどんデブケモ化していることには少々違和感も。

毎年、ザングースの日(3/9)に沢山のイラストが投稿されます。

ルカリオをはじめ、魅力的なケモノが後の世代でどんどん登場していますが、未だザングース人気は根強く残っています。

3位:キルリア 463pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

ポケモナー界の女王の進化前ポケモンということで、こちらもかなりのptが集まりました。サーナイトと姉妹のような形で描かれることも多いです。

ロリ好きはサーナイトよりキルリアのほうを好みます。

楽しくなると踊りだすという、可愛らしいポケモンです。

4位:クチート 389pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

後頭部の大顎が特徴的なので、さぞvoreイラストが多いんだろうなぁ・・と思っていたのですが、むしろ大顎は長髪に見立てて女性的な要素として強調されており、どちらかというとシンプルなメスポケイラストが多いという結果に。

勿論、vore好きにも最適なポケモンであるのは間違いありませんが、単純に容姿が可愛らしいこともあって、vore関係なくポケモナーを夢中にさせるようです。

5位:アブソル 380pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

ヨツケモ随一のイケメン(美女)ポケモン。

こちらも圧倒的なメスケモ率。そのスタイルの良さと、アシンメトリーな髪型から、美しい女性を連想させるのでしょうか。

あまりの気品に、初見で伝説ポケモンと勘違いした人も多い筈。

あとは知的なイメージがあるからか、メガネっ娘アブソルが散見されます。

6位:バシャーモ 370pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

頭から生えている黄色い体毛が長髪に見えることから、メスケモの比率が多いポケモンです。

もともと二足歩行しているということもありますが、さらに体型を人間に寄せて、胸を盛ってポケ獣人化するパターンがちらほら。

戦闘スタイルのイメージからか、行為時も雌雄問わず攻め手で描かれることが多いのも特徴の一つです。

7位:ラティアス 336pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

♂のラティオスに1.5倍の差をつける形となりました。

公式で♀とされている準伝説ポケモンでありながら、明らかに♂の特徴を有したラティアスが描かれていたり、ラティアスとラティオスで雌雄が逆転しているイラストが見られるなど、闇が垣間見えます。

二足歩行でないどころか、戦闘機のような変わったフォルムですが、あえてがっつり手足を生やしてポケ獣人化されることも多い印象。

映画では人間の姿に化けることもできたことから、色々と妄想し易いポケモンです。

ラティアスがきっかけでポケモナーになってしまった人も多そうです。

8位:フライゴン 227pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

色々とネタにされ易いポケモンですが、成人向けイラストにおいても、やはりネタを絡ませているものが多いです。

同タイプにおいて種族値的に完全な上位互換であるガブリアスに攻められているイラスト(ガブフラ)が多いのは勿論のこと、他のドラゴンタイプとの絡みもちらほら。

どうすればガブリアスと差別化できるか、よく議論されますが、個人的にはその可愛いビジュアルだけで十分差別化できていると思います。

8位:ジラーチ 227pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

唯一の七夕モチーフのポケモンということもあって、必然的に7月に多くのイラストが投稿されます。

年間行事に絡んでいるという点でイラストの供給量的に優位に立てるという側面は勿論ありますが、じゃあデリバードも同様に多く描かれているのか、といったらそういうわけでもありませんので、単純にジラーチの容姿自体もポケモナーに受けいれられているということでしょう。

頭の短冊に欲望を書き連ね、そのままジラーチを・・・というのがお決まりのパターンです。

10位:グラエナ 209pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

アクア団、マグマ団の下っ端達が挙って使っているポケモンということもあり、どうしても雑魚ポジションのイメージがありますが、ビジュアルはかっこいいですし、デザインもシンプルでヨツケモ好きにはたまらないポケモンです。

こういうシンプルなデザインのポケモンはポケ獣人にしても映えます。

ポケモナーに人気のポケモンランキング!11~20位!

11位:ラティオス 204pt

妹に132ptもの差を付けられてしまったラティアスお兄ちゃん。

兄弟イラストでの被りはありますが、少なくともラティアス単体イラストのほうが圧倒的に描かれていることになります。

そしてラティアスのところでもありましたが、性転換イラストの多いこと・・

12位:キモリ 108pt

11位と12位の間で倍近い票差ができました。

ラティオス以上がホウエン地方ポケモナー人気群、ここからは準人気群といったところでしょうか。

とはいえ、ミズゴロウ(33位)、アチャモ(39位)と比較すると大健闘の結果で、御三家最終進化を除けば、唯一のTOP20入り。

両生類好きに刺さるツルプニボディに加え、幼体にしてはそこそこ頭身のある二足歩行であることなどがポケモナー人気に繋がっているようです。

13位:ミロカロス 93pt

見た目的にも、進化方法的にも美しさの象徴のようなポケモンです。

ポケモナー界隈においてはフェチの塊のようなポケモンで、蛇型ポケモンの中でもたかさ6.2m、おもさ162.0㎏とかなりデカいのが大きなポイント。

このサイズ感で締め付けられたら抵抗できないですし、そのまま何もできずに呑み込まれてしまうでしょう。

14位:ジュカイン 89pt

ルビーサファイア発売当時は、この後紹介するラグラージと同じくらい容姿が不評だったポケモンで、気持ち悪いだの、レックウザをボコボコにしたような顔だの、ひどい言われようでしたが、世代を重ねるごとにスタイリッシュさに磨きがかかっているように感じます。

特にポッ拳のファイターとして登場するジュカインはかなりかっこいいですよね。

一部の爬虫類フェチに刺さりそうな大きな尻尾も魅力的です。

15位:ラグラージ 86pt

キモクナーイなどネタにされまくっているポケモンですが、なんだかんだで最低限の順位は確保してきました。

これで御三家最終進化全員がTOP20入りということになります。

ラグラージは人によって特に見た目の評価が変わるポケモンとしても有名で、進化前の面影が残っていて可愛いという評価する人もいれば、重量感があって逞しくてかっこいいという方、シンプルにキモイという方など様々です。

キモリのところでも言いましたが、ポケモナー界隈においては、つるつるぷにぷにしたボディはそれだけで大きな加点要素になるので、「キモクナーイ」みたいに馬鹿にされようがなんだろうが、性的に見れる人は見れるのです。

16位:マイナン 81pt

僅差ではありますが、プラスルにポケモナー人気で上回る結果となりました。
とはいえ、基本的には二匹で一つのようなポケモンですし、ソロのイラストは非常に少ないです。

私の場合はプラスルを♀、マイナンが♂として見ることが多いですが、雌雄の傾向は特になく、兄弟のパターンや姉妹のパターンなどなど人によって様々です。

17位:ジュペッタ 79pt

他のポケモンと比較しても特にメスとして描かれることの多いポケモンです。

ジュペッタに関しては、中身がどうなっているのか非常に気になるポケモンでしたが、メガジュペッタで赤紫色のボディがお目見え。

ジッパーの中は実はダイナマイトボディ・・のような妄想を抱く人も少なくないようです。

18位:プラスル 78pt

マイナンのところでも述べた通り、基本的にはプラスル・マイナンで一対として描かれることが大半です。

ちなみに私はプラスル派です。

19位:ラルトス 69pt

ラルトス69pt、キルリア463pt、サーナイト1764ptと進化するたびに爆発的に人気が跳ね上がっていく化け物一族。

上二匹に比べると、かなり控えめのptではありますが、それでもTOP20を確保してきました。

ただ半分はキルリア、サーナイトと共に三姉妹イラストとして描かれたり、百合的なイラストも多いです。

20位:ハブネーク 66pt

ザングースの宿敵ポケモンですが、そのザングースが722ptという絶大なポケモナー人気を誇ることもあり、どちらかというとハブネーク単体での人気というよりは、ザングースに牽引されてのこの順位となっています。

実際、イラストの半数近くはザングースとの絡みで、ヘビモチーフのポケモンということもあり、ザングース拘束シチュエーション要員となる場合が多々あります。

単体絵は少なめで、だいたい何らかのポケモンを締め付けているような猟奇的なイラストが目立ちます。

ポケモナーに人気のポケモンランキング!21位~50位

21位以下は順位だけ紹介させていただきます。

21位:ジュプトル 65pt
22位:ポチエナ 61pt
23位:コノハナ 58pt
24位:ボスゴドラ 57pt
25位:ボーマンダ 48pt
26位:カイオーガ 47pt
27位:ライボルト 45pt
28位:ヤミラミ 42pt
29位:ドクケイル 34pt
30位:キノガッサ 32pt
30位:パッチール 32pt
32位:エネコロロ 31pt
33位:ミズゴロウ 30pt
34位:レックウザ 27pt
35位:グラードン 25pt
36位:マッスグマ 24pt
36位:ロゼリア 24pt
38位:チルタリス 22pt
39位:アチャモ 21pt
39位:ペリッパー 21pt
41位:チャーレム 20pt
41位:イルミーゼ 20pt
41位:ブーピッグ 20pt
41位:カクレオン 20pt
45位:デオキシス 19pt
46位:ユレイドル 18pt
47位:ヌマクロー 16pt
48位:オオスバメ 15pt
49位:バクーダ 14pt
50位:ケッキング 13pt
50位:ゴクリン 13pt
50位:ノクタス 13pt
50位:チリーン 13pt

所見

ジュプトルがギリギリTOP20入り果たせず。

正直、TOP20どころか、TOP10に入るかと思っていました。

ジュプトルはポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊屈指の人気キャラクターで、劇中でのセレビィとの両想いとも取れるいちゃつきっぷりから、ジュプセレイラストが非常に多いのが特徴です。

しかし、キャラ人気に対してTOP20入りが果たせなかったということは、それだけジュプセレが健全な目で見られているということでもあります。

自身の心の穢れを痛感しました 笑

あとは、コノハナについては、ジュプトルと逆で、ここまで高い順位になるとは思っていませんでした。

ポケモン超不思議のダンジョンでかなりインパクトのあるキャラクターだったことが人気の理由なのは間違いないでしょう。

「訛り乳首」の愛称で親しまれていて、人気も高いです。

ポケモナーに人気のポケモンランキング!53位~96位

54位:サメハダー 12pt
55位:ジグザグマ 11pt
55位:エネコ 11pt
55位:マルノーム 11pt
55位:ホエルオー 11pt
55位:トロピウス 11pt
60位:ケムッソ 9pt
60位:アメモース 9pt
60位:ハンテール 9pt
60位:メタグロス 9pt
64位:テッカニン 8pt
64位:ナマズン 8pt
64位:サクラビス 8pt
67位:ルンパッパ 7pt
67位:バルビート 7pt
67位:リリーラ 7pt
67位:アーマルド 7pt
67位:カゲボウズ 7pt
67位:サマヨール 7pt
67位:ソーナノ 7pt
74位:ワカシャモ 6pt
74位:アゲハント 6pt
74位:スバメ 6pt
74位:バクオング 6pt
74位:ルリリ 6pt
74位:アサナン 6pt
74位:ナックラー 6pt
74位:ダンバル 6pt
82位:マクノシタ 5pt
82位:ノズパス 5pt
82位:キバニア 5pt
82位:ドンメル 5pt
82位:バネブー 5pt
82位:ネンドール 5pt
82位:トドゼルガ 5pt
82位:タツベイ 5pt
90位:ゴニョニョ 4pt
90位:ハリテヤマ 4pt
90位:ルナトーン 4pt
90位:ポワルン 4pt
90位:ユキワラシ 4pt
90位:タマザラシ 4pt
96位:アメタマ 3pt
96位:キノココ 3pt
96位:ヌケニン 3pt
96位:チルット 3pt
96位:オニゴーリ 3pt
96位:ラブカス 3pt

所見

バシャーモ370ptに対して、ワカシャモ6ptはあまりにも・・

バシャーモはかっこいいポケモン、アチャモは可愛いポケモンとして人気ですが、その中間にいるワカシャモは可愛さ的にもかっこよさ的にも中途半端な印象を受けるのかもしれません。

ワカシャモに限らず、中進化はあまり目立たない傾向がありますが、フシギソウやカメールのように、あどけない思春期の子供感が出ているポケモンは中進化でも人気する場合があります。

ポケモナーに人気のポケモンランキング!102位~128位

102位:カラサリス 2pt
102位:ハスボー 2pt
102位:ダーテング 2pt
102位:ナマケロ 2pt
102位:ココドラ 2pt
102位:ラクライ 2pt
102位:ホエルコ 2pt
102位:コータス 2pt
102位:ビブラーバ 2pt
102位:ソルロック 2pt
102位:ドジョッチ 2pt
102位:ヨマワル 2pt
102位:コモルー 2pt
102位:レジアイス 2pt
116位:キャモメ 1pt
116位:ヤルキモノ 1pt
116位:コドラ 1pt
116位:サボネア 1pt
116位:シザリガー 1pt
116位:ヤジロン 1pt
116位:ヒンバス 1pt
116位:トドグラー 1pt
116位:パールル 1pt
116位:ジーランス 1pt
116位:メタング 1pt
116位:レジスチル 1pt
128位:マユルド 0pt
128位:ハスブレロ 0pt
128位:タネボー 0pt
128位:ツチニン 0pt
128位:ドゴーム 0pt
128位:ヘイガニ 0pt
128位:アノプス 0pt
128位:レジロック 0pt

所見

ライボルトが45ptでそこそこ人気だったのに対し、ラクライが2ptしか獲得できなかったのは少々驚きました。

顔が大き過ぎるのが原因でしょうか?

①犬や猫のようなリアルの動物に近い姿をしている
②人型に近い姿をしている
③単純に可愛い、もしくはかっこいい

以上の条件のいずれかを満たすポケモンがポケモナーに好まれる傾向があるので、アンバランスな体を持つポケモンや無機質なイメージを持つポケモンはどうしても苦戦傾向にあります。

まとめ

本記事ではポケモナー界のエースとも言うべきポケモン「サーナイト」、「ザングース」がついに登場しました。

サーナイトに関しては、かなり人間に近い姿をしていることもあり、ポケモナー人気だけでなく、人外娘としての人気もあって、この圧倒的なptに繋がったと推測されます。

ザングースはザングースで非常に面白い傾向が出ています。

サーナイトは一般の人気投票でもホウエン地方2位とそこまで乖離がありませんでしたが、ザングースの場合はポケモン・オブ・ザ・イヤー2020上位圏外でしたが、ポケモナー界ではトップクラスという大きな差がでています。

ちょっとお腹が出ていて、目付きが悪くて、赤い模様が厨二チックで・・、と一部の層を狙い撃つようなデザインをしているのが、要因でしょうか。

かくいう私も一時期はザングース狂いでした 笑

あの時代はまだ明らかな「ケモノ」って感じのポケモンが少なかったこともあって、ザングースにみんなの熱意が集中していました。

あの時から比べると、ポケモンの総数も2倍以上に膨れ上がっており、魅力的なポケモンも増えてきているので、どうしても愛情が分散してしまいますが、それでも彼(彼女)がポケモナー界に与えた影響は計り知れません。

地方別ランキング一覧

ポケモナーに人気のポケモンランキング~カントー編~
ポケモナーに人気のポケモンランキング~ジョウト編~
ポケモナーに人気のポケモンランキング~ホウエン編~
ポケモナーに人気のポケモンランキング~シンオウ編~ 準備中
ポケモナーに人気のポケモンランキング~イッシュ編~ 準備中
ポケモナーに人気のポケモンランキング~カロス編~ 準備中
ポケモナーに人気のポケモンランキング~アローラ編~ 準備中
ポケモナーに人気のポケモンランキング~ガラル編~ 準備中

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です