ポケモナーに人気のポケモンランキング~ジョウト編~

ポケモナーが好きなポケモンランキング!第2回は、ジョウト地方です!

うさぎちゃん

おおかみくん

ランキングの概要と注意点は以下の通りだよ!

二番煎じ企画です。差別化を図る為、上位20位までのポケモンに、ポケモナー目線のコメントを付けています。

某イラスト投稿サイトの成人向けイラストの枚数を集計して、ランキング付けしています。

イラスト投稿サイト自体にも興廃があるので、よりフェアな順位付けになるよう、地方ごとに分けてランキング付けしています。

この記事は、ポケモンに対し、LikeではなくLoveの感情を持つ人を読者と想定して書いています。該当しない方は閲覧をおすすめしません。

おおかみくん

そもそも、ポケモナーって何?って人は以下の記事を見てみてね!
では、さっそく一位から発表していきます!

うさぎちゃん

ポケモナーに人気のポケモンランキング!1~10位!

1位:ブラッキー 668pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

2位のルギアに200Ptもの大差をつけ堂々の一位となったのはブラッキーでした!

どの世代でも圧倒的人気を誇るブイズですが、同世代のエーフィーにもダブルスコアをつけたり、ポケモンオブザイヤー2020でも総合5位になるなど、ポケモナーだけでなく一般層の間でもブラッキーがいかに人気なのかがよくわかります。

カッコよさと可愛さが同居したような端整な顔立ちと、神秘的な模様、そして、しなやかで妖艶さすら感じる体躯・・

改めて見ると本当に素晴らしいデザインです。

もともとのデザインが短毛ということもあり、少し毛を盛ってもふもふにしてみたり、黒光りさせたりなど、描き手によって質感の方向性が大きく変わるポケモンでもあります。

2位:ルギア 407pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

ドララーに大人気のポケモンです。

同じくパッケージを張っているホウオウ(23pt)とはまさに雲泥の差と言えるほど票がついていることからも、ルギアがいかにポケモナーに人気かが窺えます。

もともとポケモンの中でもかなり大きい部類に入ることなどから、vore映えするポケモンです。

また、雄大な体格に豊満な胸を描いて、むっちりメスケモにしたり、ダークルギアによる猟奇的なイラストなど、様々なフェチを持つ人を虜にする万能ポケモンでもあります。

3位:エーフィ 349pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

ブラッキーに大差こそつけられたものの、しっかり3位を確保してきているあたりは、流石イーブイ一族です。

ブラッキーとは「光と闇」といった感じで対としても映えるので、エフィブラ絵も非常に多いです。

ブラッキーが♂♀両方描かれているのに対し、エーフィはほぼ♀です。

ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮でも二匹はイチャイチャしていましたし、まさにベストカップルですね。

マグナゲートのエーフィのしっかり者のお姐さん感が素晴らしかった・・。

4位:バクフーン 306pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

そこまで人間に近い体型をしているわけではないですが、全身に毛が生えていて、二足歩行をしているという意味で、しっかりケモノの要件を満たしており、当然、ポケモナーにもウケが良いです。

バクフーンの萌えポイントは、目つきの悪さと、下半身の逞しさの2点です。

頭からお腹にかけてしなやかな曲線を描いていますが、2足歩行できるように進化した為か、下半身は逞しい怪獣体型。

それ故か、更に下半身を強調して下半身デブに描かれることも多いです。

そして強気でクールに見える鋭い目つきは、ポケモナーに掛かればツンデレ属性に様変わり。

ギャップ狙いで受け側に回ることが多い印象です。

5位:マグマラシ 201pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

中進化としては、ベイリーフやアリゲイツが目立たない中での大健闘となりました。

バクフーンに続いての5位ですが、バクフーンが人気している理由とはまた少し違って、純粋に顔やフォルムが可愛いのがポケモナー人気の高さに繋がっているような気がします。

スマブラに参戦したわけでもなく、ジュプトルのように派生作品でスポットライトが当たったわけでもないことを考えると、マグマラシのビジュアルレベルの高さが窺えます。

中間進化ということで思春期くらいのケモショタやケモロリのイメージがあるのか、初心なイラストが多い印象です。

6位:デンリュウ 186pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

金銀のアカリちゃんから始まり、メガシンカが実装されたり、ポケダンでは調査団団長として大活躍するなど、よくスポットライトの当たるポケモンです。

ムッチリとした肌感で描かれることが多く、よく大きなお尻が強調されています。

メリープ→モココ→デンリュウと、どんどんもふもふ成分が減っているので、モフリストからは残念がられていますが、メガデンリュウで少しもふもふ度を取り戻しています。

7位:ピチュー 146pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

天下のピカチュウ様の幼体の姿ということで、当然のように上位に名を連ねてきましたね。

当然ながらケもショタやケモロリで描かれることが多いです。

等身の低さから、サンリオやジュエルペットが好きな層にも人気が高いです。

7位:セレビィ 146pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

セレビィに関しては、映画「セレビィ 時を超えた遭遇」や「ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊」で、ある程度、性格のベースが出来上がっていることもあり、色々と妄想が捗り易いポケモンかと思います。

特に探検隊のツンデレセレビィ(デレビィ)が底抜けに可愛いことや、ジュプトルとかなりイイ感じの雰囲気になっていたこともあって、ジュプセレのイラストも多いです。

出番が多い分シチュエーションの引き出しも多く、ヤミラミに捕まってアレコレされてしまうイラストや、他の幻のポケモンとの交流を描いたイラストなど、色々なイラストを見ることができます。

9位:ミルタンク 128pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

全ポケの中でも唯一露骨に乳のあるポケモン(コノハナは・・うん)。

だいぶデフォルメされているとはいえ、乳が実際にあるという事実を示しているだけでも、ポケモナー達にとっては、非常に価値のあるポケモンと言えます。

ようは他のポケモンに関しても、あくまでデフォルメによって省略されてしまっているだけで、しっかりと色々な器官が備わっている、ということを想像させるからです。

10位:バンギラス 110pt

出典:ポケモンだいすきクラブ/ポケモンずかん

公式の推しポケモン。リアル「かいじゅうマニア」のおもちゃ。

あくタイプで目つきも鋭く、いかにも凶悪そうな体つきをしていることもあり、イメージ通りに攻め手で描かれることが多いです。

おなじく怪獣体型のニドキングやボスコドラとの絡みが多いです。

また、明らかに自分より体格の小さいポケモンとの猟奇的なイラストも散見されます。

ポケモナーに人気のポケモンランキング!11~20位!

11位:ニューラ 104pt

明らかに悪ぶっているけど、容姿がどこかあどけないので、なんだかいじめたくなるポケモン。

個人的にはオスケモのイメージが強かったのですが、大半の人がメスケモのイラストを描いていました。

確かにオレっ娘ニューラとか、悪くないですね。

ちなみにニューラ自体もジョウト11位ということで、結構ポケモナーに人気のあるポケモンですが、マニューラはそれ以上に人気があります。

12位:オーダイル 101pt

大きさ2.3mというなかなかの巨漢で、こちらもバンギラスと同様「かいじゅうマニア」向けのポケモン。

水×炎のシチュエーションは鉄板ネタですが、オーダイルについても、リザードンやバクフーンとの絡みが非常に多いです。

これだけ雄大な体格で攻められたら、ひとたまりもないですね。

ワニモチーフなので、動きの遅いイメージがありますが、オーダイルは二足歩行ということもあり、結構、走るのが速いです。

13位:スイクン 88pt

ポケモナー界隈は、純粋な強さよりビジュアルが重視される為、伝説級のポケモンであっても萌えに繋がりにくいビジュアルをしていると、とことん人気がありません。

ジョウトの三犬はまさにその顕著な例で、エンテイ、ライコウの両名に対し、スイクンがダブルスコアどころか、5倍以上の差をつけるという結果に。

確かにクリスタルバージョンやポッ拳参戦など、公式からも優遇されていますが、それにしても物凄い差です。

神秘的で美しいビジュアルを持つポケモンなので、高潔の令嬢的なイメージがあるのか、メスケモとして見ている人が大半です。

また、ポケ獣人として描かれることが多いポケモンでもあります。

14位:ヘルガー 79pt

黒妖犬「ヘルハウンド」をモチーフにした厨二心くすぐるデザインで、とにかく純粋にカッコいいポケモン。

しなやかな体つきが魅力的なポケモンですが、もしリアルに存在していたのなら、きっと軍用犬のように筋肉隆々だと思います。

なぜか他のポケモンとの絡みより、人間×ヘルガーのイラストが多いのも特徴です。

15位:オオタチ 70pt

フェレットをモチーフにしたポケモンで、とにかく長い胴がチャーミングポイント。

コアなファンの多いポケモンで、描かれているイラストもしっかりと胴長にしてあるものが多いです。

その身体的特徴からポケ獣人化はあまり見られません。

実はたかさが1.8mもあるポケモンで、等身大ぬいぐるみが発売された時は大きな話題になりました。

余談ですが、映画「パシフィック・リム」にオオタチという怪獣が登場します。

16位:ワニノコ 62pt

ワニノコ16位、チコリータ17位、ヒノアラシ23位と、各御三家の幼体はどれもそこそこの順位に纏まりました。

個人的には、ポケモン不思議のダンジョン救助隊シリーズの「かみついていい?かみついていい?」や、アニメの「ワニワニワニワー!」の印象が強くて、個人的にはあまりそういう目で見ることはなかったのですが、第二世代御三家幼体の中で一番人気なのは意外にもワニノコという結果に。

17位:チコリータ 54pt

チコリータ一族はようやくここでお目見えです。

ヒノアラシ一族>ワニノコ一族>チコリータ一族とポケモナー人気に明確な差が出てしまいました。

しかも、このチコリータ自体も純粋なポケモナー人気というよりは、名前をもじった下ネタのイラストが多く混じっているという微妙なもの・・。

ゲームでは圧倒的に♂のほうが出現しますが、描かれているイラストはほとんど♀です。

18位:ハッサム 52pt

一般層では絶大な人気を誇るハッサムも、ポケモナー人気はほどほどといったところ。

とはいっても刺さる人には刺さるようで、少数のコアなファンがハッサムのイラストを描きまくっています。

虫タイプということで、なかなかそういう目で見難いということもありますが、それでも人型なので、この順位に踏みとどまった感じでしょうか。

ハリガネムシ・・

19位:モココ 45pt

ピンク色でふわふわで二足歩行ということで、人気になりそうな要素をしっかりと兼ね備えているイメージですが、意外と順位は伸びず。

丸い瞳が動物的なので、やや無表情なイメージがあるからかもしれません。

大体の方がむっちりメスケモをイメージしているようです。

♂デンリュウ×♀モココの交流イラストが多いです。

20位:リングマ 39pt

やはり二足歩行系は強いですね。ごつくてガタイが良いので、ケモホモ人気も高いです。

また、体格が良いので、さらにお腹をぽっこりさせてデブケモ化している人もおおいです(ザングースもそうですが、ガタイが良いポケモンはデブケモ化する傾向あり)。

♂のイメージが強く、メスケモとしてはほとんど描かれていません。

ヒメグマは♀の方が多かったのに・・と思いきや、しっかり集計してみると、ポケモナー向けイラストに絞るとむしろケモショタのほうが多いくらいでした。

ウーラオスと若干キャラが被っているので、お株を奪われないかどうかが少々、心配ではあります。

ポケモナーに人気のポケモンランキング!21位~48位

21位以下は順位だけ紹介させていただきます。

21位:ベイリーフ 37pt
22位:アリアドス 36pt
23位:ヒノアラシ 35pt
24位:ドーブル 33pt
25位:オクタン 32pt
26位:ムウマ 31pt
27位:キレイハナ 30pt
27位:アンノーン 30pt
29位:カポエラー 29pt
30位:メガニウム 28pt
31位:ウパー 27pt
32位:ランターン 26pt
32位:ヨーギラス 26pt
34位:ホウオウ 23pt
35位:マリルリ 21pt
35位:ニョロトノ 21pt
35位:ツボツボ 21pt
38位:ヒメグマ 20pt
39位:アリゲイツ 19pt
40位:レディアン 18pt
41位:オタチ 16pt
41位:エアームド 16pt
41位:ライコウ 16pt
44位:ワタッコ 15pt
44位:キリンリキ 15pt
46位:トゲピー 14pt
46位:デルビル 14pt
48位:クロバット 13pt
48位:トゲチック 13pt
48位:エイパム 13pt
48位:ソーナンス 13pt

所見

第二世代御三家の中で、バクフーン4位、オーダイル12位と健闘しているのに対し、メガニウムはまさかの30位。ポイント的にも圧倒的な差を付けられてしまいました。

ベイリーフからあまり見た目に変化がないことで、票が割れたこともありますが、そもそも、ポケモナー需要という意味では、4足歩行より2足歩行のほうが有利ということも関係してそうです。

一般層では、よく「立つな」と言われることが多いくらいなので、全く逆の傾向ですね。

そして伝説のポケモン ホウオウも見る影なし・・ポケモナー界は厳しい!

ポケモナーに人気のポケモンランキング!52位~99位

52位:ネイティオ 12pt
52位:エンテイ 12pt
54位:メリープ 11pt
54位:マリル 11pt
54位:デリバード 11pt
57位:ハネッコ 10pt
57位:ヌオー 10pt
57位:ハガネール 10pt
60位:ヨルノズク 9pt
61位:チョンチー 8pt
61位:ヤミカラス 8pt
61位:グライガー 8pt
61位:サニーゴ 8pt
61位:ムチュール 8pt
66位:ププリン 7pt
66位:ヤドキング 7pt
66位:ヘラクロス 7pt
66位:マグマッグ 7pt
66位:ハピナス 7pt
71位:キマワリ 6pt
71位:エレキッド 6pt
73位:イトマル 5pt
73位:ポポッコ 5pt
73位:ヒマナッツ 5pt
73位:キングドラ 5pt
73位:ドンファン 5pt
78位:ピィ 4pt
78位:ノコッチ 4pt
78位:テッポウオ 4pt
78位:マンタイン 4pt
82位:ネイティ 3pt
82位:ウソッキー 3pt
82位:フォレトス 3pt
82位:マグカルゴ 3pt
82位:オドシシ 3pt
87位:グランブル 2pt
87位:ゴマゾウ 2pt
87位:バルキー 2pt
87位:ブビィ 2pt
87位:サナギラス 2pt
92位:ホーホー 1pt
92位:ヤンヤンマ 1pt
92位:クヌギダマ 1pt
92位:ブルー 1pt
92位:ウリムー 1pt
92位:イノムー 1pt
92位:ポリゴン2 1pt
99位:レディバ 0pt
99位:ハリーセン 0pt

所見

可愛いか否かはともかく、色気という意味では「まぁそうだよね」と納得できそうなメンツが並びました。

結晶等の帝王も形無し・・威厳はたっぷりですが、色気が足りないようです。

レディバとハリーセンは誰か書いてあげましょう!パイオニアになれますよ!笑

まとめ

ブイズは安定して可愛いのでポケモナーにも人気なのは想定の範囲内でしたが、ブラッキー、エーフィーが3本指に入ってくるということは、逆に考えるとブイズ超えのエース級ポケモンがいなかったとも言えます。

ポケモナー界隈において、ブイズは一つの物差しとして機能するので、ブイズより票が集まったポケモンは、例外なくポケモナーの大好物。そういう意味ではルギアの二位は大健闘と言えるでしょう。

さて、次回はホウエン地方になりますが、金銀までのリアルの動物に寄せたようなデザインから一変、攻めたデザインが増えてきます。

ポケモナーに人気のポケモンの筆頭とも言える面々が登場するので、楽しみにしておいてください。

地方別ランキング一覧

ポケモナーに人気のポケモンランキング~カントー編~
ポケモナーに人気のポケモンランキング~ジョウト編~
ポケモナーに人気のポケモンランキング~ホウエン編~
ポケモナーに人気のポケモンランキング~シンオウ編~ 準備中
ポケモナーに人気のポケモンランキング~イッシュ編~ 準備中
ポケモナーに人気のポケモンランキング~カロス編~ 準備中
ポケモナーに人気のポケモンランキング~アローラ編~ 準備中
ポケモナーに人気のポケモンランキング~ガラル編~ 準備中

2 COMMENTS

こぁ

投稿お疲れ様です!このランキング見てて意外とマリルとかトゲチックとかが順位低いのがちょっと驚きましたね💦やっぱ中間進化系は人気低いんでしょうか…
この記事見ててすごい面白かったです!次回も頑張ってください!

返信する
ネコジャラス

こぁさん

そう言っていただけると嬉しいです!まったり更新ですが、他の地方も作成していくので少々お待ちください。
一般層には人気のポケモンがポケモナーにはあんまり人気がなかったり、色々、興味深い傾向があって面白いですよね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です